お薬通販部

バイアグラジェネリックの比較~人気商品ランキングTOP5発表

バイアグラジェネリックの比較~人気商品ランキングTOP5発表

バイアグラジェネリック通販・人気ランキング

バイアグラジェネリックとは、ファイザー社が開発販売しているバイアグラの後発医薬品です。

日本国内において販売されているバイアグラジェネリックには「成分名+製薬会社名」という命名規則があるので、有効成分のシルデナフィルに「トーワ」や「キッセイ」などの製薬会社名が続きます。

また海外製のバイアグラジェネリックの場合は、商品名である「バイアグラ」や有効成分である「シルデナフィル」にちなんだ名称であることが多いようです。

先発薬であるバイアグラには独特の強い苦味があるので、ジェネリックは後発の強みを生かし、飲みやすい工夫が施されているものや製薬会社の信頼度、個々の好みで選ばれています。

1位:カマグラゴールド

カマグラゴールド

カマグラゴールドは、アジャンタファーマ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
数あるバイアグラジェネリックの中でも、もっとも普及している人気の高い商品となっております。
先発薬のバイアグラに比べ、格安な薬価で入手することができ、またバイアグラ同様の効能作用があることが人気の理由にあげられます。

>>カマグラゴールド
2位:シルデナフィル(マイラン)

シルデナフィル(マイラン)

シルデナフィルは、マイラン社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
夜の生活に自信がない男性や、年を重ねるごとに勃起力が弱くなってきたなどのお悩みをお持ちの男性におすすめの医薬品です。
バイアグラのジェネリック医薬品で、 勃起不全改善治療薬として使われているシルデナフィルという有効成分が含有されています。
バイアグラのジェネリックは世界の製薬会社から販売されていますが、マイラン社はアメリカに拠点を置く大手製薬会社ですので、安心してお使いいただけます。

>>シルデナフィル(マイラン)
3位:カベルタ

カベルタ

カベルタは、サン・ファーマ社が開発した男性機能障害を治療するためのED(勃起不全)治療薬です。
効果発現は約5時間、シャープな効き目で、硬度のある陰茎勃起で充実した性生活へと導きます。
カベルタは、世界的に知名度の高いバイアグラのジェネリック医薬品で、バイアグラと同じ効能効果を持ちながら、コストを抑えたED改善治療ができます。

>>カベルタ
4位:ゼネグラ

ゼネグラ

ゼネグラは、インドのアルケム社が製造しているED(勃起不全)治療薬です。
バイアグラと同成分シルデナフィルの効果により、男性機能障害を改善します。
ジェネリック医薬品にあたるため、価格も安く、費用面でも安心の商品となっております。
1日1錠を上限とし、性行為1時間前に服用することで、力強い勃起を持続することができます。

>>ゼネグラ
5位:ハードオン

ハードオン

ハードオンは、インドのアウロケム社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
主成分はシルデナフィルと先発薬のバイアグラと同じため、効用・効果は変わらずシャープで精強な勃起力を発揮します。
ジェネリック医薬品のためバイアグラよりも安く購入することが可能です。
シルデナフィル100mgを含有しているため、軽度から重度までさまざまなEDの症状に対して有効の商品です。

>>ハードオン

目次

  1. バイアグラとは世界で最も有名なED治療薬です
  2. バイアグラが発売当初より「満足度No1」ED治療薬である理由
  3. バイアグラは陰茎の血流を促進することで鋭い勃起力を発揮する
  4. 新薬バイアグラとバイアグラジェネリックの違い
  5. バイアグラの効果を最大限に発揮するには空腹時に飲むこと
  6. バイアグラジェネリックの入手方法
  7. バイアグラジェネリックまとめ
  8. 関連カテゴリー

バイアグラとは世界で最も有名なED治療薬です

バイアグラは世界で初めてED治療薬として承認された飲み薬で、たいへんな注目を集めました。

有効成分はシルデナフィルです。

もともとこの成分は肺性高血圧や狭心症の治療薬として開発されていたのですが、治験の段階でEDが改善したという報告が寄せられ、本格的にED治療薬としての開発がスタートしました。

つまり、シルデナフィルが持つED改善効果というのは当初副作用だったのです。

副作用というと「怖い」というイメージがありますが、バイアグラのように副作用から有用性が発見され、他の病気の治療に用いられるようになった薬というのは他にもあります。

代表的なところではインターフェロン(がん化学療法薬研究からウィルス性肝炎治療薬へ)やプロペシア(前立腺肥大症治療薬の副作用がAGA治療薬へ)などがあげられます。

バイアグラが登場するまでED(勃起不全)は精神的な要因と老化の一種と捉えられており、医薬品以外の精力剤やサプリメントなど効果が曖昧なものが対策の主流でした。

それゆえにバイアグラは世界的に大きな注目を集め、発売時には大ブームを巻き起こし、今でも知名度No.1を誇る人気のED治療薬としての地位を継続しています。

バイアグラが発売当初より「満足度No1」ED治療薬である理由

ED治療薬にはバイアグラ以外にも

などがありますが、今でも満足度No1で選ばれているのは「バイアグラ」です。

バイアグラの有効成分シルデナフィルは、元来狭心症や肺性高血圧などの重症度の高い血流障害をともなう疾患の治療薬として開発されていたもので、実際にこうした病気に処方される薬もあります。

このシルデナフィルが持つ高い血流改善効果で勃起力の維持作用のあることが認められていることと、「世界初のED治療薬」というキャッチフレーズがプラシボ効果を生み出していることも否めません。

しかしながら、心因性EDを患っている場合には、リラックスをするための「思い込み」も大事な作用といえます。それらの相乗効果でEDの改善作用が高まることが、バイアグラの不動の人気を支えている理由と考えられます。

力強い勃起力

バイアグラの人気を支える最大の要因は、力強い勃起力にあるといえますが、そもそもED(勃起不全)はなぜ発症するのか、一見すると単純で非常に動物的な生理現象に思えますが、そのメカニズムはとても複雑でデリケートです。

男性が性的な刺激を受けると中枢神経が興奮し、脊髄を通ってその刺激が陰茎に伝えられます。

この時、一酸化窒素(NO)の分泌量が急増し、陰茎動脈を広げて血液が充満しパンパンに膨張するのが勃起です。

ストレスや加齢による基礎代謝の低下は血管の伸縮運動を妨げ、血流量を下げてしまいます。

性的刺激を受けても勃起しない、中折れしてしまう(射精する前に萎えてしまう)というのは、血流量の低下が主な原因と考えられているのです。

バイアグラの有効成分シルデナフィルには、高い血流改善効果があるため、EDを引き起こす血流障害の発生を抑制し、力強い勃起力を生み出します。

シルデナフィルは服用後40分〜1時間で体内に吸収され、その後5時間ほど効果が持続します。

つまりいったん勃起すればそれだけの時間は勃起状態を維持できるというのも力強い勃起力をもたらす要素になります。

満足感のある性行為

バイアグラを飲むと有効成分シルデナフィルの作用で血管が拡張して、陰茎動脈に血液が行き渡りやすくなるといいましたが、それだけでは勃起することはありません。

あくまでも「性的な興奮を脳が感じ取った時に」というのがとても重要な条件になります。

性的な興奮を受けると自意識とは別に脳がその信号を脊髄から陰茎の周辺に信号を送るのですが、この時血管を拡張させるcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が同時に放出されます。

この物質の作用で陰茎動脈が拡張して海綿体組織に血液が集中し、パンパンに膨れあがります。

この時陰茎周辺の血管は一時的な高血圧状態になります。海綿体組織が陰茎の静脈を圧迫し、できるだけ長い間勃起状態を維持させようとするためです。

これは射精するまで維持されます。

そしてシルデナフィルの血管拡張作用によってcGMPが増えると心臓周辺の血流も盛んになり、脈が速くなります。

完全に興奮している状態となり、性行為中も満足感を得やすくなるのです。

このパターンを脳が記憶してしまえば、EDは改善していきます。

射精が終了すると今度はPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素が放出され、cGMPを分解し陰茎静脈への血流が再開して勃起が鎮まります。

自信回復への貢献度

EDは血流障害や男性ホルモンの分泌量低下という器質的な障害以外にもメンタル的な要素で発症するという側面があります。

勃起から射精終了、そして勃起状態の終了という一連の流れもメンタルの状態に左右されやすいのです。

そこで器質的な原因をED治療薬で軽減することで、性行為をすること自体へのストレスが抑制されるという効果が期待できます。

性的興奮を感じると脳は射精を終えるか若しくは射精していなくても満足感を得たらPDE5を放出させて勃起状態を終了させるのですが、EDになるとcGMPの量が減り、相対的にPDE5の量が増えることになり、勃起しづらくなってしまいます。

シルデナフィルには血管拡張作用と同時にPDE5の分泌を抑制することから、性行為中の満足度が高まり、次第にEDの症状が改善していくという相乗効果が期待できるのです。

このEDの器質的な障害を高いレベルで減じることが可能で、バイアグラを始めとするED治療薬を活用することで、EDへの不安も軽減され、性行為時の自信回復へとつながり、EDのメンタル的な要因も減ることになります。

バイアグラは陰茎の血流を促進することで鋭い勃起力を発揮する

バイアグラとは、狭心症や肺性高血圧などの重症度が高い高血圧性疾患の治療用に開発されていたシルデナフィルが持つ副作用によって、EDの症状を改善させることが判明し、本格的なED治療薬として研究され世界で初めて承認された薬です。

そもそもの目的が「血管を拡張させて血流を改善する」という作用であることから、非常に高い血管拡張作用を有しています。

また陰茎付近にあるPDE5酵素の働きを阻害して勃起状態を維持させやすくする作用も認められているため、EDに認定されている全ての症状を改善し、鋭い勃起力を発揮するのに適したED治療薬です。

作用機序

勃起状態もしくは勃起不全の状態の違いというのは、

・血管の伸縮運動を活性化させる一酸化窒素(NO)

・血管を拡張させて陰茎動脈への扉を開くcGMP

・cGMPを分解するPDE5という酵素

血液中のこの3つの物質が深く関係しています。

脳が性的な興奮を感知して勃起が始まり、射精をサインに勃起が終わるまでの間これらの物質の放出量の割合が精緻に調整されているのです。

正常な勃起では

  • 脳が性的な興奮を感知
  • 血液中の一酸化窒素が増加
  • cGMPが増加
  • 陰茎動脈の血流量が増加
  • 膨張した陰茎海綿体が周囲の静脈を圧迫して勃起する
  • 射精を合図に脳ではPDE5を放出させる
  • PDE5がcGMPを分解
  • 勃起終了

というフローなのですが、EDでは脳に性的な興奮を感知させる男性ホルモンの量が減ってしまうことでNOやcGMPの放出量が減り、相対的にPDE5の量が増え、性欲を感じても勃起に至らないという障害が発生します。

バイアグラの有効成分シルデナフィルには血管を拡張させ、PDE5の働きを阻害し、少ないNOやcGMP量でも勃起しやすい環境を作り出す働きがあります。

体内吸収と代謝

バイアグラは服用後1時間程度で体内に吸収され、その後5時間ほどして代謝されていきます。

有効成分のシルデナフィルは食事にふくまれている脂肪分に吸収されやすいので、服用は空腹時におこなうようにしてください。食事直後に服用すると効果が半減する可能性があります。

バイアグラジェネリックには、バイアグラとは違う形状があります。

ゼリー状、ODフィルムなどは、水なしでも飲めるタイプの薬で、唾液ですぐに溶けすみやかに吸収されていくので、バイアグラに比べると効き始めまるまでの時間を短くすることが可能となります。

ただし、それらの形状であっても体内に吸収されてから代謝されるまでの時間に変わりはありません。作用時間はバイアグラ同様、約5時間です。

シルデナフィルは小腸から吸収されていき、血流に乗って脳へと運ばれ中枢神経に作用します。このため消化器に障害がある人は吸収が悪く、薬の効果が半減することがあります。

特に下痢や軟便の人は吸収される前に薬が代謝されてしまう可能性があるので、服用するときは医師に相談してください。

食事の影響

バイアグラジェネリックの有効成分シルデナフィルは食事に含まれる脂肪分に吸収されやすいという性質があります。

このため食事と一緒、あるいは食後すぐに服用すると効果が半減してしまう可能性があるとされています。したがって、空腹時もしくは食後2時間以上経過してから服用するようにしてください。

シルデナフィルが食事に含まれる脂肪分に吸収されやすいというのは飲み物も同様です。

脂肪部の高い生クリームや乳製品の入っている飲み物(カフェオレ、ミルクセーキ、ミルクの入ったスムージーなど)と一緒に服用することは避けてください。

この現象はバイアグラ系のED治療薬のデメリットの1つでもあります。

胃や腸に飲食したものが残っていると吸収率が悪くなるということは、空腹時に飲んだほうがより確実な効果が得られるのですが空腹は性欲の減退にもつながります。

食後すぐに相手とのムードが高まり、性行為におよぶという時に服用できなくては、わざわざバイアグラジェネリックを飲んだ意味も半減してしまうからです。

少量のアルコールとの併用は問題ありません。

アルコールに弱い人でなければ、ワイングラス1杯やビール中瓶1本程度のアルコールとなら、相乗効果でリラックスして血流が改善しやすくなり、バイアグラの効果が出やすくなるという報告もあります。

健康状態にかかわること

バイアグラがまだ日本国内で承認される前から世界初のED治療薬ということで世間からの注目が非常に高く、多くの人が個人輸入代行を使って入手していました。

しかし、バイアグラはいわゆるセックスドラッグや媚薬という性質のものではありません。

飲んだら淫催効果が高まり勃起しやすくなるという薬ではないのです。

あくまでも性的刺激を受けた後の勃起状態を維持しやすくする薬です。

しかし、多くの人が精力増強剤やセックスドラッグという勘違いから、性行為前に大量服用したことが原因で死亡したというニュースが飛び交い、「バイアグラには依存性がある」とか「バイアグラは危険な薬だ」という根拠のない噂まで飛び交うようになりました。

確かに元々シルフィナデルは重症度の高い高血圧性疾患や虚血性心疾患(狭心症など)の治療用薬として開発されていた経緯があります。

そのため、血流改善効果が高いので軽い動悸や熱感などの副作用が出やすいのは確かですが、特に心臓疾患で服薬治療を受けている人でなければ、深刻な健康被害をもたらすような被害は出ない薬です。

用法を守り、むやみやたらに服用しなければ、健康を損なうことはありません。

併用禁忌や併用注意もしっかりと確認した上で、服用するようにしましょう。

新薬バイアグラとバイアグラジェネリックの違い

不動の人気を誇る新薬バイアグラはすでに特許期間が終了し、世界の各製薬会社が同じ有効成分をもちいたジェネリック医薬品を開発製造しています。

新薬バイアグラはターコイズブルーで菱形をしていますが、色のイメージのみを引き継いで丸い形状にしてみたり、風味をかえてみたりと各社多様なバイアグラジェネリックを製造しています。

後から製造するとあって、新薬の良さを活かしながら、飲みやすい工夫など、趣向を凝らすこと可能なわけです。

いずれも新薬との効果の差違はなく、研究コストの削減より低価格で購入可能というメリットがあり、ED改善を試みる方にとっては懐具合にもやさしいものとなっています。

剤形は各社多様

新薬バイアグラは、有効成分をシルデナフィルとし、ターコイズブルーで菱形の形状をしています。

表裏には識別コードが記されていますので、純正品と偽造品見分けることが可能です。

日本国内では、シルデナフィルが25mgおよび50mg含有されているものが販売されていますが、諸外国ではシルデナフィルの含有量100mgがスタンダードサイズで、やや大きめの錠剤となっています。その点では、飲みづらいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ジェネリック医薬品を研究開発のする段階で、そこに着眼した製造会社も多数あり、飲みやすいサイズへ形状変更したものも発売されるようになりました。

錠剤を小さく飲みやすく工夫した製薬会社もあれば、水なしで飲めるタイプのジェネリック医薬品を開発した製薬会社もあります。

国内では、新薬バイアグラと同じく錠剤のものとODフィルムの2種類ですが、海外の製薬会社が製造したものでは、

  • ゼリー
  • トローチ(舐めて溶かして飲むタイプの薬)
  • チュアブル(口の中で咀嚼して飲むタイプの薬)
  • 発泡錠(錠剤を水に溶かして飲むタイプの薬)

などの形状もあり、固形物を喉にとおすことが苦手な方には、そのような選択肢もあります。

独自の工夫

バイアグラジェネリックを開発販売している医薬品製薬会社は、新薬よりも飲みやすくするために、それぞれに独自の工夫を施しています。

たとえば、東和薬品株式会社のシルデナフィルOD錠は、バイアグラよりも剤形が小さく、飲みやすい風味をつけた水なしでも飲めるOD錠です。そのような工夫で人気があり、国内処方のシェアを脅かす存在になりつつあります。

工夫というのは変化をつけるばかりではありません。 特に心因性EDのようにメンタルで左右されやすい症状は、バイアグラと敢えて似せた形状や色にすることでプラセボ効果が高まることが期待できます。

そのため、あえて新薬バイアグラに近い錠剤にしている場合もあります。

カマグラゴールドのように、形はバイアグラと同じ菱形とし色を変え独自性を出しているものもあれば、シルデナフィル(マイラン)のように、丸形だけれども色はバイアグラに似せてあるものがその例です。

ほかにも海外製のバイアグラジェネリックではさらに改良が施されていて、発泡錠(水に溶かして飲むタイプ)やゼリー状で、オレンジ味、パイナップル味、ココア味など、薬ではなくお菓子のような錯覚を持ちそうなタイプも開発されています。

効能効果

バイアグラジェネリックは副剤や剤形によって吸収時間や作用時間が若干ことなりますが、効果・効能はバイアグラと同等です。

バイアグラには有効成分シルデナフィルの含有量が25mgと50mgのタイプがあり、この含有量によって効果がことなってきます。

海外では含有量100mgがスタンダードサイズとなります。現在国内販売は承認されていませんが、諸外国の方と大差ない体格の方もいらっしゃるため、国内承認も見直す時期なのかもしれません。

有効成分シルデナフィルには

・血管拡張効果

・PDE5阻害効果

の2つの効果があります。

特にPDE5阻害効果が高く、陰茎動脈への血流促進させ、勃起力の増大と持続をサポートする効能が期待できます。

このようにバイアグラの正しい効果効能というのはあくまでも勃起のサポートであり、バイアグラを飲んだからといって性的興奮を得やすくなるというものではありません。

つまり、バイアグラやバイアグラジェネリックをセックスドラッグとして使用するのは間違った服用方法ということですので注意してください。

EDには器質性・心因性・薬剤性という3つの原因因子があります。

この中でバイアグラが効果を発揮するのは器質性EDと心因性ED、またそのいずれにも該当する混合性EDとなります。

海外製バイアグラジェネリック

海外製のバイアグラジェネリックの多くは、ユニークな剤形や服用しやすい工夫が施されているタイプ、また値段が日本のバイアグラジェネリックに比べても安いものが数多くあります。

バイアグラを始めとするED治療薬は、国内において「医療用医薬品」として承認されているので、一般的な薬局やドラッグストアでは購入できません。

これは海外製のバイアグラジェネリックも例外ではありません。

このような「日本では承認されていない医療用医薬品カテゴリー」の薬を入手するには個人輸入代行業者を通じて購入することになります。

この方法ならネット通販と同じような感覚で気軽にしかも完全合法で入手可能です。

ただし、個人輸入は処方せんがなく手に入れることが可能なため、個人に不都合なことが起こっても自己責任となります。

購入する際の業者選びには十分に注意をしてください。

海外製のバイアグラやジェネリックには、シルデナフィルが100mg含有されているタイプもあります。

日本人の体格や忍容性を考慮し、含有量100mgのバイアグラジェネリックは国内承認されていません。特に初めてバイアグラを服用される方には、少量から服用を開始し、忍容性を確かめてながら徐々に増量するようにしてください。

バイアグラの効果を最大限に発揮するには空腹時に飲むこと

バイアグラは優れたED治療薬ですが、有効成分のシルデナフィル飲食物に含まれている脂肪に吸収されやすいという特徴があります。バイアグラは食事の影響を受けるといわれているのはそのためです。

食後残渣物(胃や腸に残っている飲食物)が残っているうちにバイアグラを飲んでしまうと、体内への吸収が阻害されて効果が半減してしまう可能性があるので、最大効果を発揮させたい時は空腹時か食後2時間以上経過してから服用するようにしてください。

また、バイアグラは1回飲むと24時間以上間隔を空けなければなりません。

食後すぐにのんで効果が出ないからといって連続して服用するのはやめてください。

正しい服用方法

日本国内で承認されているバイアグラやバイアグラジェネリックは全て医療用医薬品です。

医療用医薬品というのは医師の診断を受け、処方せんを発行してもらった上で、院内調剤や調剤薬局(薬剤師が常駐し、処方せんを元に調合、処方する薬局)から出してもらうというのがルールです。

このため一般的な薬局やドラッグストアでは取り扱えない薬です。

処方を受ける時は医師と薬剤師から薬についての効果・効能や副作用などの薬剤情報が必ず説明されます。また正しい服用方法についても指示されますので、基本的にはその指示に従ってください。

バイアグラは服用後1時間ほどかけてシルデナフィルの血中濃度が最高に達し、その後5〜6時間ほどかけて代謝されていきます。また、薬は屯用として処方されるので、注意してください。あくまでも性行為の1時間前までに飲む薬です。

服用上限は、1日1回1錠です。

効き目が弱いからといって連続して服用することは認められていません。

さらに食事の影響を受けやすいので空腹時もしくは食後2時間以上を経過してから飲むようにします。水かぬるま湯で服用します。

OD錠やODフィルムの場合は、唾液だけで溶解していきますが、飲みにくい人は水と一緒に飲んでも問題ありません。

最適な摂取タイミング

バイアグラや通常のバイアグラジェネリックは服用後1時間ほどで効果が出てきます。

また有効成分シルデナフィルは脂肪に溶けやすいため食事の影響を受けます。

そこでバイアグラを最適なタイミングで摂取しようと思ったら、空腹時でしかも性行為の1時間前までに飲むということになります。

食後すぐに飲んでしまって、効果が半減したからといって連続服用はできない薬(1日1回服用)なので、この最適なタイミングに飲む難しさというのがバイアグラ最大のデメリットです。

これを多少改善ものが、バイアグラジェネリックにもあります。

ゼリータイプやODフィルム、トローチタイプ、チュアブル錠などは錠剤よりも体内に幾分早く吸収されます。

ODというのは唾液ですぐに溶解するため、水なしで飲めるタイプの薬です。

これらのタイプは溶解が早く、そのため体内吸収も早くなります。

個人差はありますが、浸透するのは早い方では、性行為の30分ぐらい前に飲んでおけば、ちょうど効果が出始める頃に行為を始められることになります。

ただし、空腹の状態で飲んだ方が良いという条件は、ゼリーやODフィルムなども同じです。

注意すること

バイアグラやバイアグラジェネリックは医療用医薬品です。

したがって副作用のリスクがあります。

使用禁忌や併用禁忌なども多く存在しますので、今自分が服用している薬がそれに該当しないか、持病がある方は、バイアグラの作用が病気に影響を与えないかなどを必ず確かめましょう。

個人輸入で薬を購入するのが不安な場合は、かかりつけの医師や薬剤師に相談するようにしてください。

海外製の医薬品の個人輸入は合法ですが、購入前に必ず用法や購入規約を確かめてください。

特に下記の内容にはご注意ください。

・業者の信頼性
今でも粗悪品やまがいものを公然と販売している悪質な個人輸入代行業者があります。
必ず正規品保証がある個人輸入代行をご選択ください。

・薬剤情報がすべて英語表記
海外製の医薬品は能書や使用上の注意書きが英語表記である場合がほとんどです。
副作用・注意事項などは、必ず確かめてからご注文ください。

・服用は自己責任
健康被害を起こした場合は「医薬品副作用被害救済制度」の対象外となります。
購入した薬を服用することで、具合が悪くなった場合、無理をせず服用を中断することも必要です。

バイアグラジェネリックの入手方法

EDの治療は保険証が使えない自由診療です。

そして、バイアグラやバイアグラジェネリックなどのED治療薬は医療用医薬品なので処方せんなしでは入手できません。

しかし、保険証が効かない自由診療薬をどうすれば入手できるのか。

そもそも一般の医療機関では取り扱っているのか、疑問に思う方がいるかもしれません。

  • ・病院や専門クリニックで処方してもらう
  • ・調剤薬局で処方してもらう
  • 個人輸入代行を通じてネット通販で入手する
  • ・海外の通販サイトを利用する

という方法がありますので、それぞれのケースごとに解説していきたいと思います。

病院・専門クリニック

厚生労働省が承認している正規のバイアグラジェネリックを入手する確実な方法が「病院や専門のクリニックで診察を受ける」という方法です。

バイアグラジェネリックは先発薬のバイアグラやその他のED治療薬と同様に医療用医薬品なので、一般的な薬局やドラッグストアでは購入できません。

必ず、医師に相談し処方せんを発行してもらう必要性があります。

しかし、ED治療は現在保険診療の対象にならない自由診療です。

現在では一般化していますが、つい最近まで保険医療機関では保険診療と自由診療を混在される混合医療は敬遠されていました。

これも厚生労働省の指導によるものだったのですが、高度先進医療やED、AGAなどの保険が適用されない治療がどんどん開発される流れのなかで保険医療機関でも混合治療が認められるようになったのです。

ED治療薬は泌尿器科もしくは男性専門クリニックが主な医療機関になります。

専門クリニックでは、1錠単位で院内製剤し処方されるケースが多いのですが、一般的な泌尿器科では院外処方せんが発行され、院外調剤薬局で購入することになります。

自由診療は医療機関ごとに診療費を決めて良いことになっているので、同じ薬でも医療機関や調剤薬局ごとに値段が変わってきます。

薬局・ドラッグストア

バイアグラジェネリックなどのED治療薬は医療用医薬品なので、一般的な薬局やドラッグストアでは取り扱いができません。

調剤薬局などでバイアグラジェネリックを購入したことがあるという方は、その前に病院や専門のクリニックで処方せんをもらっているはずですので、それらのクチコミ情報は間違いということになります。直接来店して、購入できないことに困惑しないようご注意ください。

薬局やドラッグストアには、薬剤師および登録販売員が常駐していますが、ED治療薬を直接販売することができないのです。それは先にも記載したとおり、医療用医薬品とされる薬であるためです。

ED治療薬の効果にはおよばないまでも、精力増強や滋養強壮に効果のあるOTC医薬品やサプリメントも多く販売されています。OTCとは、Over the counter(カウンター越し)に、という意味で「薬剤師との対面販売」を条件に薬についての情報や飲み方の指導を受けた上で購入する薬です。

バイアグラジェネリックは購入できませんが、店舗購入を希望される方は、薬剤師および登録販売員にご相談されることをおすすめします。

国内通販

バイアグラジェネリックは国内のネット通販でもよく見かけますが、これは正確にいえば「個人輸入代行業者」のサイトです。

個人輸入であれば、日本では未承認の医薬品やサプリメントでも入手することができますが、その際には面倒な通関手続きが必要になります。

国から認可を受けてこうした面倒な通関手続きの一切を代行してくれるのが個人輸入代行業者です。

サイトの使用感は一般的な通販サイトと同じような感覚なので、それほど難しく考える必要はないでしょう。しかし、気軽な反面、中には悪質な業者も存在し、トラブルが後を絶たないので利用する際には注意すべき点が幾つかあります。

まず、アダルトサイトからの利用は絶対に避けてください。

中には承認許可番号を偽って公開し、さもED治療薬がセックスドラッグであるかのような販売方法を取っているところがあります。

ED治療薬がセックスドラッグではないということは製薬会社でも公式にアナウンスしています。

さらにこうした国内通販を通じて医薬品を購入した際、責任は全て購入した側にあり、医薬品副作用被害救済制度も適用されませんので、業者の信頼性や薬の情報開示についてはしっかりとしているところを選ぶ必要があります。

そのためにも比較サイトや口コミは最大限活用するようにしてください。

海外通販

インターネットでは、世界中のサイトにアクセスすることが可能です。

中には、国外配送してくれる通販サイトも数多くあります。

かつてバイアグラが国外で承認された時も多くの人が、海外通販を通じて入手していたという経緯があります。

当時はインターネットもそれほど普及しておらず、バイアグラの医薬品情報もしっかりと確かめないまま「夢の薬」をいち早く手に入れたい一心で購入し、無謀な服用の結果、悪い結果を招いてしまった事件が記録に残っています。

海外通販経由の医薬品の購入は、個人輸入もしくは個人輸入代行を使い、あくまでも「自分自身での使用のみに限定されている」というルールを守れば、入手することが可能です。

現在でも偽物を販売する悪徳業者が世界のどこかには存在し、ネット購入が便利だからという軽い気持ちで騙されたという例も後を絶ちません。

もちろんしっかりとした正規品を取り扱っている個人輸入代行サイトも数多く存在します。

ネット通販に限った話ではありませんが、悪いことを企むサイトがあることも事実です。

そのような被害にあわないためにも、サイト内の利用規約やプライバシーポリシー、特定商取引法に基づく表記などはしっかりと確かめ、不審な点がないか見定めた上で購入することをおすすめします。

バイアグラジェネリックまとめ

バイアグラジェネリックは、日本で承認されているタイプだと有効成分シルデナフィル50mg含有タイプで1錠あたり1,000円前後の相場で入手できます。 先発薬のバイアグラが1,500円前後なので3割ほど安いということになります。

一方、個人輸入代行を使って海外製のバイアグラジェネリックを購入すると1錠あたり500円前後で購入できます。

個人輸入代行サイトはバイアグラジェネリックの種類も豊富で、国内通販とほぼ変わらず利用可能ですが、医師の処方を受けずに購入できるため、健康を損なう要因がないかの判断は自己責任となります。

特にバイアグラ系のED治療薬は、血流促進の副作用が強く方もでやすいので、使用上の注意はしっかりと確かめた上で購入しましょう。

参考文献

製薬会社サイト
第一三共エスファ
2010年に設立されたジェネリック医薬品を中心とした医薬品の製造販売をおこなう第一三共の子会社で、「品質確保」「安定供給」「情報提供」「経済性」の4つのい面から安心できる医薬品の提供をおこなっています。

関連カテゴリー

バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック通販購入の一覧ページです。
世界初のED(勃起不全)治療薬であるバイアグラ。
有効成分シルデナフィルを含んだ、さまざまな剤形タイプのジェネリック医薬品を取り扱っています。

>>バイアグラジェネリック

関連ページ

トップへ