お薬通販部

レビトラジェネリックの比較~人気商品ランキングTOP5発表

レビトラジェネリックの比較~人気商品ランキングTOP5発表

レビトラジェネリック通販・人気ランキング

ED(勃起不全)の治療薬として世界中で広く用いられているレビトラですが、現在、レビトラと同じ有効成分が配合され、価格の安いジェネリック医薬品が海外の製薬会社より多く発売されています。

国内でも医師の処方薬としてジェネリック医薬品が用いられることもあり、また個人輸入を利用し、誰でも手軽に購入できるようになってきています。

製薬会社によって、価格はもちろん剤形・規格など特徴がことなっており、選択肢が増えてきていますが、その分どの商品を選べばいいのか迷ってしまいます。

レビトラジェネリックを人気ランキング形式で、特徴などを解説・紹介していきましょう。

1位:バリフ

バリフ

バリフは、インドのアジャンタファーマ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
先発薬レビトラ同様に即効性に優れており、性行為の直前に飲んでも十分な勃起力を発揮します。
さらに、 成分含有量20mgで効果が最大10時間持続するという点も高い評価を得ています。
食事の影響も少ないため、予定外のタイミングでもすぐに対応できる利便性が人気の商品です。

>>バリフ
2位:ブリトラ

ブリトラ

ブリトラは、センチュリアン社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
即効性のあるレビトラのジェネリック医薬品で、服用から約15分で効果を現す特徴を持っています。
バイアグラよりも服用時の食事の影響が少なく利便性に長けています。
即効性だけでなく、持続性にもすぐれていますので、有効成分バルデナフィルの含有量20mgで8時間~10時間程度の効力が見込めます。

>>ブリトラ
3位:ザビトラ

ザビトラ

レビトラは、ドイツのバイエル社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
日本では、バイアグラに次ぐ2番目に厚生労働省から承認されたED治療薬となり、2004年から販売されています。
有効成分であるバルデナフィルは、3大ED治療薬の中で最も即効性が高く、最短15分で効果が現れます。
効果の持続時間は、バルデナフィルの含有量で違い、10㎎で5~6時間、20㎎で8~10時間とされています。

>>ザビトラ
4位:ジェビトラ

ジェビトラ

ジェビトラは、インドのサンライズレメディーズ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
新薬であるレビトラ同様、3大ED治療薬の中で最も即効性が高く、最短15分の効果発現が見込めます。
バイアグラに比べ、食事の影響も受けづらくなっているというメリットもあり、急なタイミングでも対応できる手軽さが人気の商品です。
新薬同様の有効性や安全性があり、安価で購入することが可能です。

>>ジェビトラ
5位:ジマトラ

ジマトラ

ジマトラは、ジマーファーマ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
レビトラのジェネリック医薬品で、血管を拡張して、性的刺激による血流量をさらに増加させ、硬い勃起状態に導き勃起力アップ効果と即効性に優れています。
加齢とともに性生活がおっくうになってきた方、ストレスでED気味の方にもすぐに効果が現れます。

>>ジマトラ

目次

  1. レビトラは飲んですぐ効くED治療薬です
  2. レビトラ最大のメリットは水に溶けやすい性質であること
  3. レビトラの有効成分バルデナフィルのメカニズム
  4. 新薬レビトラとレビトラジェネリックの違い
  5. レビトラの効果を最大限に発揮するには空腹時に飲むこと
  6. レビトラジェネリックの入手方法
  7. レビトラジェネリックまとめ
  8. 関連カテゴリー
  9. 関連ページ

レビトラは飲んですぐ効くED治療薬です

レビトラは、ドイツに本社を置く大手製薬会社バイエル社が製造販売しているED治療薬で、海外では2003年より、国内では2004年より販売が開始されています。

国内では、医療用医薬品に指定されており、医師による処方・薬剤師による説明が必要な薬剤になります。

レビトラ「LEVITRA」は、「LE」の「VITRA」の意味から成り立っており、「LE」はフランス語で“男性”を意味する定冠詞、「VITRA」はラテン語で“生命”を意味し、レビトラには「男性の生命」という意味が込められています。

レビトラは、服用後素早く勃起機能改善効果が得られる薬剤として知られており、それにより急な性行為のチャンスが訪れた場合でも対応することが可能です。

加えて効果の強さ・作用時間の長さなども優れており、世界的に高く評価されているED治療薬になります。

現在では、レビトラの他にも即効性を重視したED治療薬が販売されていますが、販売シェアはレビトラがNo1商品です。

レビトラは、急な性行為のチャンスに対応できる商品として、とても需要のある商品といえ、また多くの方に選ばれています。

レビトラ最大のメリットは水に溶けやすい性質であること

世界で2番目のED治療薬として開発製造されたレビトラですが、それまでED治療薬として主流であり代名詞であった世界初のED治療薬バイアグラと比較しても、その作用効果はあらゆる面で優れているとされています。

レビトラの有効成分バルデナフィルは水に溶けやすい性質があり、そのため服用後の体内吸収も早く、バイアグラの最大のデメリットあった「服用時の食事の影響」に関してもクリアにしています。

効果が即効性であることや、作用機序も同じであることから、レビトラは「バイアグラの弱点を改良したED治療薬」ともいわれています。

作用発現時間・持続時間などをバイアグラと比較しながら、レビトラの性質、特徴、服用するメリットなどを確かめていきましょう。

即効性

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、水に溶けやすい性質を持っています。この性質はバルデナフィル特有のもので、他のED治療薬成分にはないものになります。

これによりレビトラは高い即効性を持っており、急な性行為が訪れた場合でも対応できるED治療薬になります。

バイアグラの最高血中濃度到達時間が1.2時間であり、効果が現れ始めるのに、服用から最短でも30~40分を要します。

それに対しレビトラは、最高血中濃度到達時間は、いずれの投与量に関わらず約0.75時間となっており、最短で15分ほどで効果が現れ始めるとなっています。

これは、日本人健康成人男子18例に対しおこなったバルデナフィル10㎎・20㎎・40㎎を空腹時単回経口投与した試験による結果ですので信憑性が高いといえます。

また、健康成人男子43例(外国人)に対しおこなったバルデナフィル1日1回14日間(40㎎)、1日1回(20㎎・40㎎)または隔日1回(40㎎)31日間反復経口投与した試験においての治験もおこなわれています。

いずれの投与量・用法・投与期間にかかわらず、初回の単回経口投与した場合と同等の最高血中濃度到達時間が得られており、定期的または継続的に使用した場合であっても、効果発現時間に影響はないとの結果が得られています。

食事の影響

バイアグラは、食事による影響を受けやすい薬剤であり、空腹時の服用が原則とされています。

しかし、レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、食事による影響を受けにくい性質をもっており、食後でも服用できるというメリットがあります。

健康成人16例におこなった体内動態におよぼす食事の影響の試験によると、

・バイアグラを空腹時服用した場合

最高血中濃度255ng/mL、最高血中濃度到達時間1.2時間

・バイアグラを食後服用した場合

最高血中濃度149ng/mL、最高血中濃度到達時間3.0時間

となり、食後服用で吸収速度・効果が著しく低下しました。

一方レビトラは、健康成人24例におこなった体内動態におよぼす食事の影響の試験によると、最高血中濃度・最高血中濃度到達時間に食事摂取による影響は認められませんでした。

しかし、全く食事の影響を受けないというわけではありません。

上記の治験結果は、あくまでも標準的な食事(総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%)に対しておこなわれたものです。

過度な食事・脂質の多い食事の後の服用では、胃や腸壁にはった油膜により、血液中への吸収が低下してしまうおそれがあり、最高血中濃度到達時間などに影響することが報告されています。

標準的な食事とは、栄養学的に1回700kcalになるので、脂肪量はその30%で210kcal、脂肪1gが9kcal、脂質量は約23gになります。

作用時間の延長

レビトラは、バイアグラと比較して、作用発現時間の速さに加えて、作用持続時間の長さでも勝っている薬剤になります。

バイアグラは、健康成人20例に有効成分シルデナフィル25㎎・50㎎・100㎎・150㎎を単回経口投与した薬物動態試験において、いずれの用量においても消失半減期が約3時間となっています。

消失半減期とは、薬成分の血中濃度が半減するまでの時間の事で、薬が生体に作用する時間の目安であり、1日の服用回数・服用間隔を決定する上での指標となるデータになります。

一方レビトラは、健康成人(日本人)18例に、有効成分バルデナフィル10㎎・20㎎・40㎎を単回経口投与した場合、消失半減期が約3.2~5.3時間となっています。

データに幅があるのは、レビトラは用量によって消失半減期がことなるためで、10㎎が3.2時間、20㎎が4.0時間、40㎎が5.3時間となっています。

個人差はありますが一般的にいわれている作用時間は、バイアグラが最低4時間程度となっており、レビトラは10㎎が最低5時間程度、20㎎は最低10時間程度となっています。

レビトラの有効成分バルデナフィルのメカニズム

レビトラは、PDE5阻害薬に分類される薬剤になります。

PDE5阻害薬には、血管拡張作用・血行促進作用がありますが、有効成分により他の疾患の治療薬として開発がすすめられている薬剤もあります。

レビトラと同様にPDE5阻害薬に分類されるバイアグラも、元々は狭心症の治療薬として開発が始まったもので、臨床試験を重ねたところ、副作用として勃起促進が顕著に認められたことが、ED治療薬の研究開発のキッカケとなったといわれています。

ではレビトラは、体内でどのような働きをすることで勃起不全を解消するのでしょうか。作用機序や体内への吸収、代謝経路に加えて、副作用、併用注意、併用禁忌なども解説していきましょう。

作用機序

男性は、性的興奮により脳から神経を介して一酸化窒素が放出され、一酸化窒素がグアニル酸シクラーゼと呼ばれる酵素を刺激し、環状グアノシン一リン酸(cGMP)と呼ばれる血管拡張作用を有する物質が放出されます。

陰茎細胞内のcGMP量がふえることで、海綿体平滑筋が弛緩し、海綿体内に血液が一気に流れ込み、その血液の圧力によって海綿体が硬くなっていきます。

これが勃起のメカニズムになります。

また、陰茎の海綿体には、cGMPを分解する働きを持つホスホジエステラーゼ5(PDE5)と呼ばれる酵素も存在しており、射精後や性的興奮が収まった後の勃起の収束に働いています。

EDとは、加齢・ストレス・生活習慣の乱れなど、何らかの原因により、陰茎海綿体内のcGMPの放出量が減ってしまうことにより、相対的にPDE5の量が増えることで勃起抑制が優位に働いてしまい起こるものになります。

レビトラは、PDE5の酵素活性を阻害することにより、分解されるcGMP量を減らすことで量を増やし、勃起を促し、状態を保つ効果があります。

性欲を高めるといった効果ではなく、いわゆる勃起を抑制させる物質を抑制させる効果でるため、性的興奮がなければ勃起しません。

体内吸収と代謝

レビトラは経口摂取後、十二指腸などの小腸より体内に吸収され、循環血液に入り込みます。

その際、薬剤成分が腸管や肝臓などを通る際に受ける代謝や分解(初回通過効果)を受けたことによる絶対的バイオアベイラビリティ(非静注投与による薬物成分が全身循環に到達する割合)は、約15%になります。

吸収後は、タンパク質と結合しているもの(タンパク結合型)・結合していないもの(タンパク非結合型)が一定の割合で存在し体内に分布し、作用を発現し、体外に排出されやすくなるように再度肝臓で代謝されます。

レビトラは、肝臓のCYP3A4やCYP2C9と呼ばれる薬物代謝酵素によって代謝される薬剤であり、特に割合が多いCYP3A4の働きに影響を与える薬剤・食品との併用には注意が必要とされています。

その後、腎臓から尿中へ、胆汁から腸管を経て便中へ、と体外に排泄されていきます。

健康成人男子(外国人)におこなったバルデナフィル33㎎を単回経口投与した試験によると、投与量の約93%が投与後168時間までの便中に排泄されており、14週間反復経口投与した場合でも、同等の結果が得られています。

健康状態にかかわること

レビトラの作用は血行改善という循環器系作用であるため、それにともなう副作用がみられることがあります。

国内の臨床試験では、軽度~重度を合わせて全体で約28%に副作用症状がみられ、特に顔のほてりが発現率15%ともっとも多い副作用になります。

その他にも

  • ・頭痛
  • ・目の充血
  • ・動悸
  • ・鼻閉

などがあり、重篤なものには、

  • ・低血圧
  • ・心筋梗塞
  • ・呼吸困難
  • ・肝機能障害
  • ・緑内障

などが頻度不明で報告されています。

そのため、

  • ・循環器系疾患のある方
  • ・肝障害のある方
  • ・高齢者

などの服用には注意が必要であり、

  • ・脳梗塞や心筋梗塞の既往歴がある方
  • ・重度の肝障害のある方
  • ・透析中の方

などの服用は国内では服用禁忌となっています。

併用する薬剤においても注意する必要があり、

  • ・降圧剤
  • ・抗血栓剤
  • ・一酸化窒素系サプリメント

などとの併用は、作用効果の増減、副作用発現リスクの増大に関わるおそれがあるため併用注意とされています。

また抗菌薬や抗ウイスル薬は薬物代謝酵素CYP3A4の活性を阻害するため、硝酸剤は血圧低下を増強させるため、国内では併用禁忌となっています。

新薬レビトラとレビトラジェネリックの違い

レビトラは、ドイツの製薬会社バイエル社を中心に、グラクソスミスクライン社、シェリングプラウ社の3社が共同で開発し、バルデナフィルが有効成分として発売された最初の医薬品で「新薬」になります。

そして、現在多くのレビトラのジェネリック医薬品が販売されています。

ジェネリック医薬品の発売は、同有効成分配合でありながら価格が安価になることで、手軽に購入できるようになることなどもあり、有効成分バルデナフィル製剤が広く利用されるようになった要因の1つになります。

では、新薬とジェネリック医薬品には、どのような違いがあり、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

剤形や効能など比較しながら解説していきましょう。

剤形は各社多様

国内入手できるレビトラの剤形は錠剤タイプになります。

医薬品は発売後、飲みやすさなどを考慮して、他の剤形を発売することもありますが、現在のところレビトラの剤形は錠剤のみになります。

他国で発売するにあたり、その国での臨床試験の結果などから、剤形・、剤の大きさ、成分配合量などが、その国独自のものになる場合がありますが、レビトラは海外発売のものと同一になります。

一方、レビトラのジェネリック医薬品は、製造販売する製薬会社によって特徴がことなり、剤形は各社多様になります。

新薬と同じ錠剤でも大きさや形が微妙にことなるもの、また飲みやすさを重視しOD錠やゼリータイプの剤形のものも発売されています。

OD錠は口腔内崩壊錠の略語で、口の中に入れると唾液で溶ける製剤で、水なしでも服用できます。どこでも服用することが可能で、飲み込みが困難な方でも無理なく服用できます。

ゼリータイプは、水なしでも服用することが可能であることに加えて、液状により吸収が早く、即効性が錠剤よりも優れています。

またフルーツフレーバーなどの味がついているので、飲みやすくなっています。

独自の工夫

新薬とジェネリック医薬品の違いは大きく分けて剤形、配合成分、価格になります。

この違いはジェネリック医薬品のメリットでもあり、新薬と差別化を図るため、製造販売する製薬会社によってさまざまな工夫がなされます。

剤形は、前述のように飲みやすさを重視しOD錠・ゼリータイプなどの種類もあり、剤形の違いによりは即効性が高まるといわれています。

また、剤形や錠剤の色・印字を独特なものにすることで、誤飲を防止する効果もあります。

配合成分は、薬剤を製造するにあたり配合される添加物が、製薬会社によってことなっており、吸収率や溶解度を高めるために、より効果的な成分を用いるよう各社工夫を重ねています。

薬効を示す有効成分は同じですが、生成方法・抽出方法などがことなる場合もあり、中には最先端技術を用いているジェネリック医薬品も存在します。

ジェネリック医薬品の最大のメリットは価格です。

新薬と比較すると3~7割ほど安くなり、医療費の高い海外はもちろん、レビトラ処方が保険適用外である国内でも、大きな差になります。

新薬と差別化するジェネリック医薬品がある一方で、新薬に出来るだけ近づけているジェネリック医薬品もあり、選択肢の幅が広がります。

効能効果

レビトラのジェネリック医薬品の効果効能は、新薬の有効成分と同一のものを使用しているため、薬理学的には同じになります。

しかし、有効成分の生成方法、抽出方法の違い、添加物の違い、先入観などにより、効果に差が現れることはあります。

ただ、新薬の方が必ずしも優れているわけではなく、ジェネリック医薬品の方が効果的な場合も多々あり、効果は人それぞれになります。

ジェネリック医薬品が、新薬とほぼ同等の効果なのにもかかわらず安価である理由は、医薬品が製造販売されるまでにかかる費用の差にあります。

新薬が販売されるためには、まず有効成分の発見・研究し、その成分が医薬品として有効でかつ安全であるかを動物実験・臨床試験等をおこない立証していく必要があります。

一般的に1つの新薬が発売されるまでに数十年、開発費用は数百億~数千億円ともいわれています。

一方ジェネリック医薬品は、新薬によって有効性や安全性が確立しているものを製剤化するため、開発、研究、試験がほとんど不要であるため、その分安価で販売することが可能となります。

有効成分・効果が同じであれば、安価な方を選ぶのは当然であり、海外ではジェネリック医薬品普及率は80%を超えている国も多くあります。

海外製レビトラジェネリック

レビトラのジェネリック医薬品は、現在海外の大手製薬会社も多数販売しています。

特にインドの製薬会社は多くの商品を販売しています。

そもそもジェネリック医薬品が販売されるまでにはさまざまな条件や工程があります。

新薬には特許があり、物質特許、用途特許、製造特許などさまざまで、特に物質特許が満了しなければ、本来ジェネリック医薬品は販売することはできません。

しかしインドでは、2005年まで物質特許が認められていなかったことや、発展途上国を支援する国境なき医師団の絡みなどの影響で、ジェネリック医薬品開発の規制が非常に緩く、新薬発売後すぐにジェネリック医薬品が発売されることは珍しくありません。

未だに新薬の製薬会社も諦めざる負えない状況にあります。

そのため、たとえインドの有名な大手製薬会社の商品であっても、安全性を懸念する声もあります。

実際に、レビトラは需要も高まりつつあることから、偽造品や模造品が多く出回っており、その被害が国内で報告されたこともあります。

国内での特許満了日は出願日の20年後とされており、レビトラの物質特許、用途特許が、1998年10月31日に出願されていることから、国内では2018年10月31日以降に、国内製薬会社製造の正規のレビトラジェネリックが発売される可能性があります。

レビトラの効果を最大限に発揮するには空腹時に飲むこと

レビトラには、その他薬剤と同様、最高血中濃度到達時間・半減期などを考慮し、適切な服用方法、服用間隔、注意事項が設けられています。

医薬品は症状の改善に働くものですが、ヒトの身体にとって異物であることは否めません。

レビトラの勃起機能改善効果は循環器系に作用することで発揮されるもので、血行や血圧などにも影響を与えます。

適切な服用方法を守らなければ、最大限に効果を発揮できないだけではなく、副作用のリスクが高めてしまうおそれもあります。

服用方法や服用における注意事項などをしっかり把握しておきましょう。

正しい服用方法

錠剤の場合は、コップ1杯(約200㏄)の水またはぬるま湯で服用するようにしましょう。

薬剤は、水に溶けることで吸収が高まり、溶ける時間、溶けてから効果が現れるまでの時間などを想定して成形されています。

水なしで服用することで、効果発現が通常より遅くなってしまう、効果が弱まってしまうこともあります。また、錠剤が喉や食道に張りつき、粘膜を傷つけてしまうおそれもあるため注意が必要になります。

錠剤は断面が何層にも分けられていますが、これは薬剤の変質を防ぐためや、溶解速度の調節、効果の持続のために施されているものになります。

錠剤を粉砕することは、本来の作用に影響を与えるおそれもあるため、出来るだけ控えるようにしましょう。

OD錠やゼリータイプの場合は、水なしでも普通錠と同じように効果が現れるように設計され成形されているので、OD錠は口の中で唾液や少量の水で溶かすように、ゼリータイプはそのまま食事と同じように服用してください。

OD錠は少量の水分でも崩壊するように作られているため、シートから錠剤を出した状態での放置は、湿気などにより崩壊してしまうおそれがあります。

服用する直前にシートから出しましょう。

最適な摂取タイミング

レビトラの摂取のタイミングは、性行為の1時間前になります。

これは新薬、ジェネリック医薬品または剤形などは関係なく、全てのバルデナフィル製剤で統一されている用法になります。

剤形の違いにより効果発現時間や作用時間に微妙な差が生じることもありますが、それらを考慮した用法の指定は製造販売する製薬会社からは特になされていません。

有効成分バルデナフィルの経口摂取した場合の最高血中濃度到達時間が0.75時間前後であったことから設定された最適な摂取タイミングです。

バルデナフィルの勃起機能改善効果は、性的興奮による一酸化窒素・cGMPの増加があることが前提で起こることであるため、成分が体内で作用している間に性的興奮があれば、ピーク時には劣るものの勃起機能改善効果が得られることになります。

前述のようにバルデナフィルは摂取用量によって効果発現時間は同じですが、作用持続時間がことなります。10㎎の場合は最低5時間、20㎎の場合は最低10時間となっているので把握しておきましょう。

また、食事の影響を受けにくいとはいえ、製薬会社側は食後の服用を推進していません。できるだけ空腹時か脂分の少ない食後に摂取を心がけましょう。

注意すること

国内のレビトラ処方において指定されている用法用量は、

・バルデナフィルとして1日1回10㎎を性行為の約1時間前に摂取

・10㎎では効果が不十分で忍容性が良好と判断された器質性または混合型EDの方は20㎎まで増量が可能

・高齢者、中等度肝障害のある方は開始量5㎎、最高量10㎎まで

・投与間隔は24時間以上

となっています。

服用後効果が不十分による追加服用は、たとえ服用合計量が1日上限量内であったとしても原則禁止となっています。

海外商品の場合は、記載されている用法用量が、海外で指定されているものの可能性もあるため注意しましょう。

服用前後のアルコール摂取は控えるようにしましょう。アルコールによる血行促進作用でレビトラの効果・副作用が強く出てしまうおそれ、レビトラによる血行促進作用でアルコールが一気に回ってしまうおそれの両方の危険があります。

また、禁忌ではありませんが、グレープフルーツには薬物代謝酵素CYP3A4の活性を阻害する作用があり、併用により成分が代謝されず体内に残り効果が強く長く現れるおそれもあるため、出来るだけ避けるようにしましょう。

初回服用は、特に作用が強く現れるとされています。

服用後の体調変化には十分に注意しておくようにしましょう。

レビトラジェネリックの入手方法

新薬であるレビトラは、元々海外で製造販売されたものですが、現在、国内でも承認されており、国内のバイエル社が販売している医療用医薬品になります。

しかし、レビトラジェネリックは、前述のように国内では特許満了していないため、国内の後発医薬品製薬会社が製造販売している商品は現時点ではありません。

では、レビトラおよびレビトラジェネリックを入手しようと思った場合、どのような方法があるのでしょうか。

あらゆる入手方法を紹介し、それら方法で購入した場合のメリットやデメリットなども解説していきましょう。

病院・専門クリニック

病院や専門のクリニックを受診し、医師からの処方によって、院内または調剤薬局から購入する方法があります。

医師や薬剤師などの専門家によって、患者の健康状態・服用中薬剤などを考慮し、服用が可能か否か、用量などを決定してもらえること、薬剤の服用方法、注意事項など詳しい説明が受けられることもあり、もっとも安心安全に服用する方法になります。

薬剤も製造販売製薬会社や薬品卸業者を通じて、医院、調剤薬局が入荷するものになるので、偽造品などを購入してしまう心配はありません。

しかし、現在国内で流通しているのは処方せん医薬品のみです。

国内の製薬会社から発売されていないレビトラジェネリックを希望する場合は、医院が海外のジェネリック医薬品を輸入するものになるので、その場合は偽造品購入のリスクがないとはいえません。

そのため、病院やクリニックなどでは処方せん医薬品のみを採用している場合が多くなります。

また、受診するにあたり、初診料、再診料、処方せん料、調剤料などの費用も含まれています。現在ED治療は保険適応外であるため、薬剤のみを購入するよりも高額になってしまいます。

薬局・ドラッグストア

現在、レビトラおよびレビトラジェネリックは、薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。

薬局やドラッグストアなどに並ぶ医薬品を一般用医薬品(OTC医薬品)といいます。

レビトラなどの医療用医薬品が一般用医薬品として販売されるためには、その医薬品に使用実績があり、どんな方がどのような場合に使用したとしても安全であり、副作用のリスクが少ないと判断される必要があります。

レビトラは、副作用の発現リスクも高く、併用注意・併用禁忌に指定されている薬剤も多いことから、今後も市販される可能性は低いでしょう。

またレビトラを備蓄している調剤薬局に、病院やクリニックでの診察なしに直接購入することもできません。

レビトラは要処方せん医薬品であるため、どんな理由であろうとも処方せんがない場合は販売できず、販売した場合は薬事法違反となってしまいます。

調剤薬局が、海外製の国内では医療用医薬品に指定されている医薬品を輸入仕入れすることはできず、仮に仕入れする場合でもそれはあくまでも個人輸入になってしまいます。

転売防止のため個人輸入代行業者は、医療機関への販売を禁止している場合が多くなります。

国内通販

現在、レビトラおよびレビトラジェネリックは、国内通販で購入することはできません。

薬局やドラッグストアなどで購入できないのと同様に、国内では医師の処方せんが必要な医療用医薬品に指定されている薬剤です。

医薬品は健康や身体に直接影響を与えるものであるため、有効性・安全性が科学的なデータに基づいて確認された商品のみが、市販薬として国内で流通するように薬事法によって厳しく規制されています。

そのため、Amazon・楽天などの大手通販サイトであっても、購入は不可能となっています。仮に販売されている国内通販サイトがある場合は、違法なものである可能性が高いため注意してください。

近年、医療用医薬品を扱う国内通販サイトが多くなってきていますが、これらは病院、クリニック、調剤薬局などの医療機関向けの専用通販サイトで、そこでの購入は仕入れということになるので、その医療機関と管理者などの登録、医薬品の販売許可証等が必要なものになります。

一般の方が仮に服用歴のある薬剤または服用中の薬剤であったとしても購入することはできません。

海外通販

海外製のレビトラおよびレビトラジェネリックを、海外通販サイトを利用し輸入する方法になります。

現在、海外の医薬品を、それが国内で医療用医薬品に指定されている医薬品であった場合でも、個人輸入または海外で購入し持ち帰ることは可能であり違法ではありません。

国内では処方せんしか流通していないのに対し、海外ではさまざまな製薬会社のレビトラジェネリックが流通しています。また国内では承認されていない配合量(バルデナフィル40㎎)の商品もあるため、種類は豊富になります。

さらに、病院への受診も不要であるため、もっとも安価で購入できる方法でもあります。

医薬品の個人輸入(購入し持ち帰る場合も含む)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出し、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要があります。

その面倒な個人輸入の手続きを代行してくれる業者を利用すると、手間なく容易に輸入できます。

しかし、トラブルも多いのも事実になります。

特にジェネリック医薬品は偽造品も多く、全く薬効がない商品を購入した事例も少なくありません。

個人輸入代行を利用する場合には、正規品を扱っているか、しっかりと確かめた上で利用するように心掛けてください。

レビトラジェネリックまとめ

総合的にレビトラジェネリックを購入することは、効果的にも価格的にも多くのメリットがあります。

より効果が高く即効性があるED治療薬を服用したい方、バイアグラまたはバイアグラジェネリックでは効果が見られなくなった方、効果が高く経済的に負担が掛からない薬剤を選びたい方には、レビトラジェネリックが特におすすめになります。

しかし、現時点ではレビトラジェネリックを購入するにあたり、リスクがともなうこともあります。

商品の正規品の有無はもちろん、製造販売元の情報、口コミなどにも気を配り、十分に注意しながら購入するようにしましょう。

参考文献

医薬品情報サイト
PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)
国立医薬品食品衛生研究所医薬品医療機器審査センターや財団法人医療機器センターにおける業務の一部を担い、医薬品や医療機器の承認審査、医薬品の副作用・生物由来の感染症などの被害からの救済、国民の安全対策などをおこなっている機関のサイトです。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査もおこなっています。

関連カテゴリー

レビトラジェネリック

レビトラジェネリック

レビトラジェネリック通販購入の一覧ページです。
最短15分の即効性が特徴のED治療薬レビトラ。
有効成分バルデナフィルを含んだ、多数のジェネリック医薬品を取り扱っています。

>>レビトラジェネリック

関連ページ

トップへ