お薬通販部

キシロカインジェネリック

キシロカインジェネリック通販購入の一覧ページです。
早漏防止に有効な外用局所麻酔薬キシロカイン。
有効成分リドカインを含んだ、塗布タイプや噴霧タイプなど、数多くのジェネリック医薬品を取り扱っています。

おすすめ商品

キシロカインジェネリックの商品一覧

  • 早漏3点セット
    5,300円(1セット5,300円)~

    在庫あり

    早漏3点セットは、ポゼットスーパーバイスマクライマックススプレーをセットにしたお得な商品です。 ポゼットは、サンライズレメディーズ社が開発した、世界初の服用タイプの早漏防止薬プリリジーのジェネリック医薬品です。 スーパーバイスマは、スマート社が開発した早漏防止とED改善効果を併せ持つ知慮薬です。 クライマックススプレーは、ミダスケア社が販売しているリドカインを主成分とした早漏防止スプレーです。 用途に合わせて自分に合った使用ができるセット商品となります。 お薬通販部では、ポゼット・ダポキセチン60㎎、スーパーバイスマ・ダポキセチン60㎎/シルデナフィル100㎎、クライマックススプレー・リドカイン10%の購入が可能となっています。
  • プリロックス
    3,130円(1本3,130円)~

    在庫あり

    リドカイン成分配合のプリロックスは、ネオンラボ社がエムラクリームのジェネリック医薬品です。 外用の局所麻酔薬として使用されています。 有効成分リドカインの効能で、塗布した部位の感覚を鈍らせる効果があるため、男性の用途として早漏防止にも有効とされています。 また女性には、アンダーヘア剃毛時の下地クリームとして使用されています。 お薬通販部では、30gの購入が可能となっています。
  • メガマックスコンドームは、ロイドラボラトリーズ社が開発した早漏防止用のコンドームです。 有効成分のベンゾカインがコンドームの裏側だけに塗布されています。 表面麻酔などに使用される麻酔成分が感覚神経を麻痺させるので、性的刺激を鈍らせて射精を延長することが可能になります。 配合量も5%と高濃度ですので、早漏への大きな効果が期待できる医薬品です。 お薬通販部では、5%の購入が可能となっています。
  • リドマックス
    1,800円(1本1,800円)~

    在庫あり

    リドマックスは、サムスン製薬社が開発したスプレータイプの早漏防止薬です。 有効成分には局所麻酔作用のあるリドカインを含有するほか、オキシトシンという幸福感を増幅するホルモンも含まれています。 局所麻酔作用により陰部の感覚を低減することで早漏を防止し、加えて幸せな気分を増幅してくれるという優れものです。 早漏により男性としての自信を失いかけている方への精神的なサポートとなることも期待される医薬品です。 お薬通販部では、15mlの購入が可能となっています。
  • キシロカイン
    1,780円(1本1,780円)~

    在庫あり

    キシロカインは、ネオンラボ社が開発したかゆみや痛みの感覚を脳伝達しないよう阻止する皮膚表面麻酔剤です。 陰茎部位に塗布することで、性的刺激の感覚を麻痺し、射精到達の時間を延長することもできます。 早漏防止の他にも、脱毛処理の痛みを緩和させるなどの用途があり、男性に限らず女性にもご使用いただける商品となっております。 ジェルタイプで使いやすく、いろいろな部位に使用することが可能な局所麻酔薬です。 お薬通販部では、30gの購入が可能となっています。
  • カーマスートラロングラストは、J.K.アンセル社が製造販売している局所麻酔薬が塗布された早漏防止コンドームです。 コンドームを着用するだけで、有効成分ベンゾカインが陰茎に浸透し、患部を麻痺させ、射精を遅らせる効果をもたらします。 ベンゾカイン(アミノ安息香酸エチル)は、感覚神経を麻痺させて痛みの伝達をさまたげる成分で、その成分が陰茎に付着した場合、性的刺激を鈍らせて結果的に射精を遅らせることが可能となります。 お薬通販部では、4.5%の購入が可能となっています。
  • クライマックススプレー
    1,880円(1本1,880円)~

    在庫あり

    クライマックススプレーは、ミダスケア社が販売しているリドカインを主成分とした早漏防止スプレーです。 陰茎の敏感な部位に噴霧することで、わずか10分程度で局部麻酔効果を発揮し、陰茎の硬度や持続力がアップします。 短時間で通常よりも射精を遅らせる効果があるため、手軽にナイトライフの満足度を向上させることが可能です。 服用タイプの早漏改善・防止薬と比べ、副作用が少なく安全性が高いのが特徴となります。 また塗布タイプのように、指に薬効成分が付着することがなく、簡易的に使用できます。 お薬通販部では、12gの購入が可能となっています。
  • メガマックススプレー
    2,050円(1本2,050円)~

    在庫あり

    メガマックススプレーは、リドカイン成分配合のスプレータイプの早漏防止薬です。 男性機能向上サプリメントなどを多く手がけるアメリカのシップオファーズ社(旧アイファイブ社)が開発した早漏防止スプレーで、信頼性があり人気の高い商品となっております。 陰茎の敏感な部分に直接噴霧することで、有効成分リドカインが局部に浸透し、感覚を鈍くします。 陰茎の刺激に敏感すぎて射精が早くなってしまう方に適したスプレーです。 女性経験が浅く、感じすぎてしまい、射精が早くなってしまう方にはぜひお試しいただきたい商品です。 お薬通販部では、10mlの購入が可能となっています。
  • VPMAXスプレー
    1,000円(1本1,000円)~

    在庫あり

    VPMAXスプレーは、サムソン製薬が開発した早漏防止スプレーです。 局所麻酔薬として世界で広く使われているリドカインを主成分とした噴霧タイプの早漏防止薬となります。 性行為前に陰茎の敏感な部分に噴霧することで、陰茎の知覚をほどよく鈍らせる効果があり、射精に到達するまでの時間を延長します。 リドカインの他の有効成分として、メンソールも配合されており、陰茎の血流を促進する働きして硬度のある勃起力を維持します。 お薬通販部では、10mlの購入が可能となっています。
  • ペガサスディレイローション
    1,300円(1本1,300円)~

    在庫なし

    ペガサスディレイローションは、サムスン製薬社が開発したローションタイプの早漏防止薬です。 有効成分のリドカインが、局所麻酔作用により陰部の感覚を低減させることで、刺激による早漏を予防し、勃起状態の時間を長く保ちます。 早漏により男性としての自信を失いかけている方への精神的なサポートとなることも期待されている医薬品です。 お薬通販部では、14gの購入が可能となっています。
  • リドスプレー
    2,520円(1本2,520円)~

    在庫なし

    リドスプレーは、ドイツに拠点を置くウォルターリッター社が開発した噴霧タイプの早漏防止薬です。 陰茎の敏感な部分にスプレーすることで、性的刺激の感覚を麻痺させ、射精を遅らせる効果があります。 局所麻酔薬として安全性の高いリドカイン成分配合で、持ち運びに便利なコンパクトサイズ。 陰茎部位が敏感すぎて射精が早くなりがちな方に、ぜひお試しいただきたいおすすめの商品です。 お薬通販部では、15mlの購入が可能となっています。
  • ベガHクリーム
    1,250円(1本1,250円)~

    在庫なし

    ベガHクリームは、シグネチャー社が開発した局部塗布タイプの早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。 陰茎部位に直接塗布することにより、麻酔効果で感覚を鈍らせ早漏防止しつつ、陰茎の血行を促進し勃起維持をする効果が期待できます。 性行為の1時間程前に、陰茎に塗り込むようにします。錠剤タイプのバイアグラ同様、陰茎の血流をよくして勃起力を高める効果があります。 お薬通販部では、15gの購入が可能となっています。
  • キシロカインゼリー
    2,750円(1本2,750円)~

    在庫なし

    キシロカインゼリーは、アストラゼネカ社が製造販売している即効性があり強力な局所麻酔薬です。 一時的に神経を麻痺させることで、痛みを緩和します。 いろんな部位に使用できますが、男性の陰茎部位(亀頭など)に塗布して感覚を鈍らせ、早漏改善・防止薬として使用する方法があります。 また女性の方には、脱毛処理などの痛み緩和にもご使用いただけますので、女性にもご購入いただける商品です。 お薬通販部では、30gの購入が可能となっています。

キシロカインジェネリックの口コミ

  • ダンソン (34歳)

    投稿日:2019年10月30日

    他の似たようなスプレーよりもお得だったんで買いました。見た目が小さくて良い感じ。持ち歩きやすいし効き方も満足かな。
  • ちかっち (48歳)

    投稿日:2019年10月29日

    勃起不全っぽいので硬さが欲しくて使ったものの、さほど変化しなかった。早漏防止にはある程度の効果が見込めるかも。
  • いちごミルク (34歳)

    投稿日:2019年10月29日

    射精するまでの時間がめっちゃ延びました。でもサイズ感というかフィット感がイマイチかなぁ。また買いますけど。
  • ゆたか (39歳)

    投稿日:2019年10月29日

    これを使うまでは、ゆっくーりしたピストン(笑)を心がけていましたが、塗るようにしてからは高速ピストンが可能になりました!!
  • カリーナ様 (37歳)

    投稿日:2019年10月28日

    医療用にも使われているってことだったので、買ってみた。いつもは敏感すぎてすぐ出ちゃうんだけど、少しはマシになった。

キシロカインとは~効果・副作用、有効成分、通販での購入方法など全てを説明~

キシロカインとは~効果・副作用、有効成分、通販での購入方法など全てを説明~

キシロカインとは

キシロカインとは、有効成分としてリドカインを含む アストラゼネカ社が販売している局所麻酔薬で、現在は、アスペン社に製造や販売の譲渡をしています。1948年に販売を開始し、約70年以上の実績があり、長く使われる間に、さまざまな治療や効果に応用できることがわかりました。

一例として、抗不整脈薬や早漏防止薬があります。 ここでは、キシロカインやリドカインの説明とあわせて、早漏防止にどのような効果があるのかを中心に使用方法や注意する点、薬を手に入れる方法についても紹介します。

目次

  1. キシロカインの歴史
  2. キシロカインの有効成分リドカイン
  3. 局所麻酔薬キシロカインの早漏防止薬としての活用
  4. キシロカインの効能効果
  5. キシロカインの使用方法
  6. キシロカインの副作用
  7. キシロカインの使用上の注意
  8. キシロカインの購入方法
  9. キシロカインの通販事情
  10. キシロカインのまとめ
  11. 関連商品

キシロカインの歴史

キシロカインの歴史

キシロカインは、1948年1月にスウェーデンにあるアストラAB社(現在のアストラゼネカ社)が発売した、局所麻酔薬で、発売から70年以上経過し、今も使い続けられている歴史的にも販売においても実績があります。

キシロカインとは商品名であり、有効成分はリドカインで、1942年にスウェーデンの化学者のニルス・ロフグレンとベングト・ルンドベリの2人によって開発がおこなわれました。

開発が成功する前は、プロカインと呼ばれる局所麻酔薬が使われており、毒性は低いものの、アナフィラキシーショックなどの副作用が出やすい、麻酔効果が出るまで時間がかかる、作用時間が短いといった問題点がありました。

リドカインはプロカインよりも高い安全性と、さらに早い効果と作用時間が長いことを両立させることに成功し、その後、1943年に特許申請、1948年に取得されたあと、現在のアストラゼネカ社に譲渡しました。

アストラゼネカ社も臨床試験をおこない、1948年1月にキシロカインを発売し、2017年にキシロカインを含む一部医薬品をアスペン社に製造販売を譲渡しました。 現在は、ジェネリックやリドカインを含んだ一般用医薬品も数多く販売されています。

キシロカインの有効成分リドカイン

キシロカインの有効成分リドカイン

キシロカインの有効成分であるリドカインは、開発そして販売されてから70年以上の実績があり、膨大な臨床試験もあることから、効果や副作用に関して確立そして解明されています。

そのため新薬と比べてみても、 安心して使うこともでき、現在は医療用医薬品としての使用はもちろんのこと、一般用医薬品まで幅広く使われています。

キシロカインの販売当初は、局所麻酔薬として使われていましたが、長い臨床結果や実験を繰り返し、他の効果にも使えることが現在では判明しており、一例としては、早漏防止薬や抗不整脈薬などがあります。そこでリドカインの代表的な効果について紹介していきます。

早漏防止薬としての効果

早漏とは、性行為時に射精までの時間が本人の意思に反して短く、ストレスを感じてしまう症状のことで、リドカインの効果により早漏を予防すれば長く性行為をおこなうことができるようになります。

早漏はここ最近まで、明確な基準や定義はありませんでした。 そのため主観的な判断によるものも多く、人により見解がバラバラで非常にあいまいでした。そこで国際性機能学会(International Society for Sexual Medicine)にて早漏が定義されました。

原発性早漏症という性行為当初より発生している早漏症に対しては、膣挿入前の射精もしくは膣挿入後1分以内に射精してしまうことが1つの診断基準となっており、一方で続発性早漏症、つまり当初は性行為に問題はなかったが現在症状を有している方は、膣挿入前の射精もしくは膣挿入後3分以内の射精が1つの目安となっております。

早漏は主に身体的、心理的な要因で起こり、身体的な要因としては、ペニスの感覚が過敏なため、少しの刺激で射精してしまったり、性行為することに対して興奮した結果、それだけで射精や射精寸前の状態になってしまいます。

心理的な要因としては、性行為に自信がない、苦痛を感じて早く性行為を終わらせたい思いから、早漏が起こります。

そこでリドカインをペニスに塗布することで、刺激の感覚が麻痺し、 性行為時の刺激が緩和され、自分が思うように射精を遅らせる、コントロールすることができます。 また、早漏が回避できれば自信や精神的な余裕が生まれ、長時間の性行為が可能になります。

局所麻酔薬としての効果

リドカインの販売当初は、局所麻酔薬として使われており、局所麻酔とは、体の一部の感覚を麻痺させる方法のことで、この対極にあるのが全身麻酔となります。局所麻酔のメリットは、感覚を麻痺させたい部分に塗布や注射をすればいいため、薬を使用する量が少なくて済み、身体そして費用の負担が最小限に済むことです。

リドカインの有効成分が皮膚に付着すると、痛みを引き起こす原因となる、ナトリウムチャネルの作用を阻害します。ナトリウムチャネルは、皮膚の表面と内側を橋渡ししている、いわゆるスイッチのような役割で、皮膚の表面から刺激が加わると、ナトリウムチャネルにスイッチが入ります。

スイッチが入ったことで微弱な電気が流れ、これが痛みの原因を引き起こします。つまり、リドカインはスイッチの働きを一時的にオフにすることで、痛みの感覚を麻痺させることができます。

抗不整脈薬としての効果

リドカインは抗不整脈薬としても使われています。不整脈とは、脈拍が安定しない症状のことで1分間の脈拍が50以下の場合を徐脈、100以上の場合を頻脈と呼び、運動や興奮、病気による発熱で一時的に頻脈になることはあります。

このような場合で起こる不整脈は、生理的なものであるため問題はありませんが、身体が安定した状態にも関わらず、何らかの病気により不整脈が起こる場合、注意が必要です。

局所麻酔薬として使われているリドカインがなぜ抗不整脈薬に効果があるのか不思議に思われるかもしれませんが、実はリドカインが働きかけるナトリウムイオンが、心臓の心筋細胞にも影響するためです。

心臓が動くのは、心筋細胞にナトリウムイオンやカリウムイオンなどが出たり入ったりすることから起きており、この出入りが起こることで微弱な電気が発生し、心臓のポンプ作用が発動します。

心筋細胞にイオンが正しく出入りしていれば、脈拍は一定を保ちますがイオンの出入りがうまくおこなわれないと、心臓のポンプ作用に乱れが生じ、その結果不整脈が起こります。リドカインは、ナトリウムイオンの通り道であるナトリウムチャネルを阻害し、これにより不整脈を抑える効果があります。

局所麻酔薬キシロカインの早漏防止薬としての活用

局所麻酔薬キシロカインの早漏防止薬としての活用

キシロカインは治療用の局所麻酔薬として、使われ始めてから70年以上経過し、その間にいろんな方法に応用されています。その1つとして、キシロカインは早漏防止薬としても使われています。

リドカインの麻酔効果により、性行為の刺激にも強くなり、早漏を防止する効果があり、日本においては未承認薬ですが、海外通販を利用して手に入れることは可能で、キシロカインの有効成分である、リドカインのジェネリックは数多くあり、種類や形状もたくさんあります。

ここではキシロカインや、ジェネリックの早漏防止薬としての活用方法などを紹介していきます。

形状

形状としては、スプレータイプ、液体タイプ、クリームタイプ、注射剤などがあります。ただし、日本は医療用の治療として用いられ、早漏防止薬としては使われておらず、病院でキシロカインを早漏防止薬として処方してもらうことはできません。 その代わりとして、海外の医薬品を取り扱う輸入代行業者を利用することで、手に入れることは可能です。

先発薬のキシロカインを始め、早漏防止薬に特化したリドカインを含むジェネリックは豊富に存在しており、ジェネリックに関しては、スプレータイプ、ローションタイプがメインとなります。

キシロカインと違い、塗布したときの爽快感を得るために、メントール成分が配合されているものがあり、塗りやすさや効果を維持するための添加剤などが配合されています。

薬効薬理

キシロカインやその成分を含むジェネリックには、局所麻酔効果があるリドカインが配合されており、このリドカインが有効成分となっています。包茎の場合、亀頭が刺激に弱くなる傾向があり、結果として早漏の原因につながりますので、ペニスにリドカインを塗布することで、性行為時の感覚を鈍くして早漏を防止する効果が期待できます。

リドカインのメリットとしては、麻酔と聞きますと注射を思い浮かべるかもしれませんが皮膚表面に塗布して麻酔効果があることです。注射は痛みを伴い負担が大きく、あわせて感染症や副作用のリスクも高まります。

しかし、リドカインはペニスの皮膚表面だけ塗布すればいいため、身体的負担や副作用のリスクが少なく、刺激や痛みを伝える、皮膚の表面と内側をつなぐ、ナトリウムチャネルの成分に作用します。

ペニスにあるナトリウムチャネルに成分が浸透することで、刺激や痛みの伝達をブロックし、その結果、性行為時の感覚や刺激が鈍くなり、早漏防止になります。

キシロカインの使用方法

キシロカインは医療用医薬品として使用され、早漏防止薬として使われてはおらず、局所麻酔が必要な治療に用いられています。ただし、キシロカインの有効成分リドカインを配合した、早漏防止薬のジェネリックが海外に多数あります。そこで複数ある海外の商品をもとに、一般的な使用方法について説明します。

スプレータイプは性行為の前に使用し、時間が空くと効果が薄れるため、性行為の30分前に使用するのが一般的です。ペニスに直接噴射し、回数も1〜3回程度と商品により異なります。

噴射後の対応については、シャワーで成分を落とす必要のある商品があり、そのまま性行為をした場合、膣に成分が付着してしまい、パートナーの性的刺激が鈍くなることがありますので、もし洗い落とすことが難しい場合、コンドームの使用をおすすめします。

キシロカインを使用する場合、本来の使用方法と異なるため、塗布する量などに注意してください。リドカインの有効成分の濃度も高いため、最初は少量から試すことをおすすめします。

キシロカインの効能効果

キシロカインの効能効果

キシロカインは局所麻酔薬として医療用医薬品に使用されていますが、日本国内において医療用医薬品として認められるには、国や厚生労働省の認可や承認が必要で、サプリメントと違い、承諾もなく医療用医薬品として名乗ることはできません。

また、効能や効果に関しても同様のことがいえます。 海外でも同様に国や政府機関、医薬品の管理をおこなう団体の認可や承認をおこない、医薬品として認可や承認を受けるためには、臨床データなどを提出する必要があります。

そこで、キシロカインの有効成分であるリドカインには、どのような効能や効果があるのか、臨床データから、体内にどんな変化や影響があるのかを紹介します。

効能

効能と効果は、同一の内容や意味で扱われることが多くなっており、どちらも麻酔効果ですが、ここでは効能と効果をわけて説明します。

効能の意味を厳密に定義すると、効能は作用機序や薬効薬理に近い意味で、望んでいる薬の効果を得るために、体内で起こる変化のことです。キシロカインの場合には、痛みなどの刺激を伝える伝達物質の働きをブロックする作用で、その結果として麻酔効果が得られます。

痛みなどの刺激を伝える伝達物質とは、ナトリウムチャネルと呼ばれる成分で、このナトリウムチャネルは、皮膚や粘膜に存在する物質となります。皮膚の表面と内側を橋渡すように配置されていて、スイッチのようなイメージです。

このスイッチが押されて刺激を受けると、微弱な電気が流れます。ケガや圧迫、強くこすられると、その刺激を受けた周辺のナトリウムチャネルから、たくさん電気が流れ、その結果として痛みが発生します。

キシロカインの有効成分であるリドカインが、ナトリウムチャネルの電気を流す働きを一時的にオフにする働きが、厳密にわけて定義したキシロカインの効能や作用機序に該当します。

効果

キシロカインの効果は、効能と同様に麻酔効果で、全身麻酔ではなく、局所麻酔のため全身麻酔に比べて、使用した方の負担が少ない特徴があります。

局所麻酔と一言で書いても、使用する部位により効果の名称や呼び方が異なり、一例としては、以下があります。

  • ・表面麻酔
  • ・硬膜外麻酔
  • ・伝達麻酔
  • ・浸潤麻酔

表面麻酔とは、皮膚の表面上に近い部位の痛みを和らげるのに用いる麻酔のことで、目や耳や鼻、泌尿器系や歯科など特定の部位の治療にも麻酔効果が期待できます。

硬膜外麻酔とは、脊髄や胸部周辺など、皮膚表面より奥の治療や手術をする場合に用いる麻酔のことで、全身麻酔と併用して用いられるのが一般的です。

伝達麻酔とは、神経から来る痛みを和らげるのに用いる麻酔のことで、いわゆるブロック注射がこれに該当します。

浸潤麻酔とは、手術などで切開するときに用いる麻酔のことで、剤形も使用する部位により、高い麻酔効果を得るために、注射剤や点眼剤、スプレーや液体タイプなどにわかれます。

臨床データから見るキシロカインの影響

キシロカインは登場してから、70年以上経過していますが、今でも医療現場などで使われていることから、効能そして効果とも有効であるといえます。また、長く使われているということは、臨床データも膨大にあるため実績があり、安心して使えるともいえます。

キシロカインには液体タイプや注射剤など使用用途にあわせて、いくつか剤形があり、使用する部位によっても変わりますが、全体的に即効性があります。

キシロカインの注射剤の場合、10分程度で有効成分リドカインの血中濃度が最もピークになります。また液体タイプを咽頭や気管内に投与した場合、同様に10分程度で血中濃度が最もピークになります。 つまり麻酔効果が早く現れるということは、早く痛みを軽減できる、または治療できることになります。

また、有効成分の血中濃度が半分になる半減期は注射剤の場合には1時間程度、液体タイプの場合には30分程度です。有効成分が体内から早く消失することから、副作用といった人体の影響も少なくて済むので、短時間の効能や効果を期待したい場合、キシロカインは向いているといえます。

キシロカインの使用方法

キシロカインの使用方法

キシロカインは医療用医薬品として、主に局所麻酔薬として使われています。 局所麻酔薬のメリットとしては、使用する側の負担が最小限で済むことで、全身麻酔の場合には作用時間も長く、副作用の影響も受けやすくなります。

使用する部位や用途に応じて薬の形状や使用方法が異なりますので、塗布剤を例にあげて、キシロカインの作用時間や使い方、早漏防止薬として使った場合について説明します。

作用時間

作用時間とは、薬を服用して効果が出て、効果が感じられなくなるまでの時間のことで、有効成分の濃度や体質、年齢や性別、服用方法や使用方法により大きく変わります。 キシロカインの作用時間は塗布剤の場合、1時間程度となります。

国内で医療用医薬品として登録されている、キシロカインの塗布剤は商品の一例としては、キシロカイン液、キシロカインゼリー、キシロカインポンプスプレーなどがあります。

薬が体内に入ると血液の中に有効成分が流れ、血液中に含まれる有効成分の濃度が最も高まったときを、最高血中濃度といいます。 キシロカインの場合、10分程度で最高血中濃度に達し、薬の効果が現れ始め、その後、薬の有効成分は肝臓によって分解される、いわゆる代謝がおこなわれ、尿や便によって排泄されます。

最高血中濃度から見て、有効成分の血中濃度が半分になったところを半減期といいます。 この半減期を迎えると、薬の効果が切れ始める時間とされており、最高血中濃度から半減期までにかかる時間を作用時間と呼んでいます。

キシロカインの作用時間は1時間程度となっています。

他の早漏防止薬との比較

キシロカインは、早漏防止薬として公式に使用方法などは掲載されていませんが、キシロカインに配合されている有効成分リドカインを含んだ、早漏防止薬は存在しており、ここではキシロカインや他の早漏防止薬と比較して、タイプ別のメリットや服用タイプとの違いを紹介します。

キシロカインを早漏防止薬として代わりに使う場合のメリットは即効性が高いことで、ペニスに直接塗布することで、早ければ10分程度で効果が現れ始めます。キシロカイン以外の早漏防止薬は有効成分の濃度が薄いため、効果が現れるまで30分程度かかることがあります。

薬の形状は塗布タイプと噴霧タイプがありリドカインの局所麻酔効果を活かし、ペニスに直接塗布します。副作用の影響はゼロではないものの、塗布や噴霧による局所的な使用のため、リスクや副作用を比較的抑えられます。

有効成分は異なりますが、ダポキセチンを配合した服用タイプの早漏防止薬も存在しており、プリリジーやそのジェネリック(ただし日本では未承認薬)がありますが、服用タイプの場合は有効成分が全身にめぐるため、副作用のリスクが高まり、持病によっては服用できないケースも増えます。

キシロカインの副作用

キシロカインの副作用

薬には効果がある一方で、望ましくない副作用が存在します。これは健康にいい食べ物であっても、食べ過ぎれば体に悪い影響が出るのと同じです。キシロカインは比較的安全な薬ですが、やはり使い方によっては副作用が強く出ることもあります。

また、正しい使い方をしても、体質や体調、持病によっても副作用の現れ方が大きく異なるため、効果ばかりに注目するのではなく、副作用もあわせて知っておく必要があります。

ここではキシロカインが持つ、主な副作用と稀な副作用について説明していきます。 副作用の種類や症状の程度に関わらず、体調悪化が出た場合には、使用を中断して医師に相談することをおすすめします。

主な副作用

キシロカインは局所麻酔薬として使用するため、中枢神経を中心に作用します。作用によっては、副作用がことがあり、眠気、不安、興奮、霧視、めまいが起こります。

注意したい副作用としては、眠気、霧視、めまいで、とくに車や機械などの操作や運転している場合、事故につながるおそれがあります。これらの症状を感じましたら、無理なことはせず休むようにしましょう。

キシロカインの成分に強く反応しやすい体質の場合、過敏症になる可能性もあり、一例としては、赤く晴れる、じんましん、むくみとなって肌の表面に現れることがあります。その他にも不安や興奮が強く出て、意識に混乱や障害が出ることや、消化器系の副作用として、悪心や吐き気を感じた際は使用を中断して、早めに医師に相談しましょう。

そのまま使用し続けてしまうと、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。 これらの副作用は一例であり、持病や飲み合わせの薬によっては強い副作用が出る、異なった副作用が出ることも考えられます。

重い副作用

重い副作用として、とくに注意したいのは中毒症状やアナフィラキシーショックです。とくにキシロカインの成分に対して、過敏症やアレルギー症状が出る場合は注意してください。

最悪の場合、呼吸停止を引き起こして命に関わるおそれがあり、クラスIII抗不整脈剤である、アミオダロンなどを服用している場合、相互作用により心肺機能の抑制作用が強く現れます。

他にも急激な血圧低下や意識障害、けいれんを起こすことがあり、これは先の中毒症状やアナフィラキシーショック、薬の飲み合わせによる相互作用によるものです。

高齢者や幼児、肝機能に障害がある方は特に注意すべきで、高齢者の場合、体質や持病、飲み合わせの薬により、重い副作用が出るおそれがあり、3歳以下の幼児の場合、臨床試験のデータが少ないため、どのような副作用が出るのか判明していないためです。

また、肝機能に障害があると、薬の代謝ができずに血液中に成分が残り続け、その結果として強い中毒症状が出るおそれがあります。

キシロカインの使用上の注意

キシロカインの使用上の注意

キシロカインは日本や世界において、医療用医薬品として使われており、有効成分リドカインが配合された、一般の人が購入できる医薬品も豊富にあります。さらに70年以上の実績があるため、効果や安全性などにおいても認められていて、その長い実績の間に培われた膨大な臨床結果から、副作用など注意する点も確立されています。

やはり薬である以上、効果の裏側には副作用やリスクが伴っており、持病がある場合、または現在服用している薬によっては、副作用が強く出るおそれがありますのでキシロカインを使用するにあたり、どんな注意点が必要なのか詳しく説明していきます。

使用に注意する人

キシロカインを使用するのに65歳以上の高齢者、妊婦や妊娠している可能性のある人、乳児や3歳以下の幼児は注意する必要があります。

高齢者の場合、肝機能の低下により思わぬ副作用や体調悪化などのおそれがあります。薬は体内に入ると血液の中に有効成分が入り、時間とともに肝臓で有効成分が分解されて、やがて尿や便に排出されます。

しかし、肝機能の機能が弱いと、薬の成分が体内に残り続けてしまい、それによる副作用が強く出るおそれがあります。

実際に臨床試験の結果でも、それが顕著に現れています。血液中に残っている薬の成分がピーク時の半分になる半減期は、若い人は80分に対して高齢者は140分と大きな開きがあります。

また、持病や飲んでいる薬の飲み合わせにより、副作用が強く出るおそれがあり、妊婦や妊娠している可能性がある場合、体調が大きく変化するため注意が必要で、胎児に何らかの影響をおよぼすおそれもありますので、やむを得ない理由を除いて、使用しないことをおすすめします。

乳児や幼児に関しては使用した症例が少ないのと、薬の影響を強く受けるおそれがあります。

併用注意

キシロカインは局所麻酔薬だけではなく、不整脈の治療にも使用されます。これらの薬と併用すると効果や副作用を強める、逆に効果を阻害するおそれがあり、とくに注意したいのが、心肺機能に関する薬、神経に作用する薬です。併用に注意する薬は多数あるため、一部を紹介します。

麻酔薬として使われるコカインと併用すると、相互作用によりアドレナリンの作用が強まるおそれがあります。アドレナリンの作用が強まると心拍数や血圧を上昇させ、心臓に負荷がかかります。

利尿剤と併用すると、逆にアドレナリンの作用を阻害するおそれがあります。 血管を拡張させる作用があるα遮断薬、イミノジベンジル系抗精神病薬などと併用すると、過度な血圧低下を引き起こすおそれがあり、めまいやふらつき、立ちくらみなど、最悪の場合には命の危険を伴います。

三環系抗うつ剤やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)やその他抗うつ剤と併用すると、逆に血圧上昇を引き起こすおそれがあります。

ハロゲン含有吸入麻酔剤と併用すると、徐脈や不整脈、心停止といった症状を引き起こすおそれがあります。

持病のある方や薬を服用されている方は、キシロカインの使用に問題がないか事前に確認することをおすすめします。

使用してはいけない人

キシロカインを服用してはいけない人は、本商品や有効成分に過敏症がある人です。 または他の局所麻酔薬で過敏症が出た場合にも、注意が必要です。

局所麻酔薬にも種類があり、キシロカイン同じ型であるアミド型局所麻酔薬に該当する局所麻酔薬は以下があります。

  • ・プリロカイン
  • ・カルボカイン(有効成分 プリロカイン)
  • ・マーカイン(有効成分 塩酸ブピバカイン)
  • ・ポプスカイン(有効成分 塩酸レボブピバカイン)
  • ・アナペイン(有効成分 塩酸ロピバカイン)
  • ・塩酸ジブカイン

以上の商品名や有効成分で過敏症が出たことがある場合、注意が必要です。過敏症の症状や状態もいくつかあり、極端な体調不良が出た場合には使用を中止してください。また、意識を失うなどの中毒症状やショック症状が出た場合には、早めに医師に相談してください。

体調によっては副作用が強く出て、過敏症や中毒症状、ショック症状が出るおそれがありますので体調不良を引き起こしている場合、使用は控えてください。また、肝機能や腎機能が弱っている、障害がある場合には医師に相談のうえ、慎重に使用してください。

併用禁忌薬

併用禁忌薬とは他の薬と併用すると、重篤な症状が出るおそれのある薬のことで、キシロカインには報告されている併用禁忌薬はありませんが、添付文書には、併用注意する薬が記載されています。

一例としてクラスIII抗不整脈剤があり、この薬の商品名として、アミオダロンがあります。この薬と併用すると、心肺機能を抑制する働きを強めるおそれがあります。 キシロカインは心肺機能や中枢神経に作用するため、これらに該当する薬と併用する場合には注意が必要です。

併用禁忌薬に該当しないものの、体質や体調、飲み合わせの薬により、強い副作用が出るおそれがあり、とくにショック症状に該当する、徐脈や不整脈、血圧の低下、呼吸が抑制された場合には注意が必要です。

それらを通り越して、意識障害や心停止が出た場合には、早めに応急処置や病院での処置が必要となります。キシロカインは効果が高い一方、取り扱いに注意も必要なため、不安な方は医師に相談してください。

キシロカインの購入方法

キシロカインの購入方法

キシロカインを購入する方法は大きく分けて、病院やクリニック、店頭や通販、輸入代行があり、購入方法は有効成分のリドカインによって大きく異なります。薬とは効果を発揮する有効成分と、その成分の品質を保持または効果を高める添加物から構成されています。

有効成分がリドカインのみ、または複数の有効成分により、病院やクリニックのみの取り扱いかどうかが変わります。また、リドカインはさまざまな症状の医薬品にも使われ、国内の店頭や通販で購入できるものもあります。

他には、薬事法の範囲内であれば、病院やクリニックで処方される医薬品を個人輸入で手に入れることもできます。そこで、キシロカインにはどのような購入方法があるのか、条件や制限事項について詳しく紹介します。

国内では処方箋が必要

キシロカインの有効成分であるリドカインのみの医薬品は、ドラッグストアなどで購入することはできず、国内で入手する場合には、処方箋が必要となります。つまり、病院やクリニックで診療を受けて、医師や薬剤師が処方しても問題ないと判断した場合、入手することができます。

しかし、厳密にはリドカインのみから構成される医薬品はありません。薬の有効成分を長期間維持するため、使用方法による違い、早い効果を発揮するためなどに添加物が配合されています。これは食品の鮮度を維持するため、劣化防止のため、見た目の理由から食品添加物を入れるのと似ています。

添加物そのものには、病気や症状を改善する効果はありませんので、添加物を取り除いた有効成分で見た場合、リドカインのみの医薬品を入手する場合、処方箋が必要となるということです。

処方箋が必要な理由は、安全性やリスク回避のためで、処方箋の必要な医薬品は、著しい効果が期待できる一方、体質や薬の飲み合わせにより、副作用が強く出るおそれがあるからです。

薬の知識のない一般の方が、誤った服用方法で事故やトラブルが起きないように、医師や薬剤師の判断のもと、キシロカインの処方をおこなっています。

薬局・ドラッグストアでは取り扱えない

添加物を除く有効成分がリドカインのみの医薬品は、薬局やドラッグストアでは購入することはできませんが、リドカインを含む有効成分が複数配合されている一部の医薬品は、薬局やドラッグストアで購入できます。

また、店頭だけではなく、アマゾンや楽天などの通販でも一部取り扱いがあります。 一例として以下のような医薬品があります。

  • ・キシロA軟膏
  • ・オシリア
  • ・ボラギノール
  • ・フェミニーナ
  • ・ベンザ鼻炎スプレー

主に痔や切り傷、デリケートゾーンや鼻炎の症状緩和に用いられており、各症状の不快なかゆみを軽減する効果です。なぜ医薬品なのに店頭や通販で手に入れられるものと、そうでないものがあるのか、気になる方もいるかもしれません。

実は医薬品にもいくつか分類があり、それによって入手できる方法が異なります。処方箋が必要な医薬品は、医療用医薬品に分類され、店頭や通販で購入できません。 一方、先に紹介した医薬品は一般用医薬品と呼ばれ、第一類医薬品〜第三類医薬品の3つに分類されます。

この一般用医薬品に分類されるものは、店頭や通販で購入できます。

キシロカインの通販事情

キシロカインの通販事情

国内で医療用医薬品に該当するキシロカインは、処方箋なしで入手することはできず、国内通販のアマゾンや楽天でも取り扱いがありません。それ以外の方法で入手するには、海外から輸入する方法があります。いわゆる個人輸入を使う方法です。

個人輸入は、薬事法の範囲内であれば認められており、医薬品や医薬部外品の場合、個人輸入できる個数や使用日数が制限されています。

簡単に説明しますと以下のようになります。

  • ・毒薬や劇薬を除く外用薬:1品目あたり24個以内
  • ・毒薬や劇薬に分類される処方箋薬:用法・用量から見て1か月以内
  • ・上記以外:用法・用量から見て2か月以内

リドカインを個人輸入できる条件としては、1か月以内で使用できる用法や用量であれば、問題ないと推測されます。

ただし、個人輸入で手元に商品が届くかどうかの最終的な可否は、税関で判断されます。個人輸入の条件をクリアして合法であっても、税関で止められることもあるので、個人輸入の手間やこういった問題を減らすため、医薬品を取り扱う個人輸入代行業者に依頼するのが一般的です。

日本語サイトで運営をおこなっているため、国内の通販サイトを使う感覚で購入手続きが可能です。個人輸入代行業者を利用する場合には、評判や口コミを確認し、運用実績が長い業者を利用しましょう。

キシロカインのまとめ

キシロカインは開発に成功、販売されるようになってから70年以上の実績があり、当初は局所麻酔薬として使われていましたが、抗不整脈薬や早漏防止薬としても使われるようになりました。

キシロカインは医療用医薬品であり、早漏防止薬としての使用は想定されていませんが、キシロカインの有効成分リドカインを含んだ、早漏防止薬のジェネリックが数多く販売されています。

日本では取り扱いはないものの、海外通販を利用することで手に入れることが可能ですが、海外から入手する場合には、信頼できる業者であることを確認することが重要です。 使用する際には、リドカインによる副作用がないか、飲み合わせの薬などに影響がないかを確認するようにしましょう。

参考文献

製薬会社サイト
アストラゼネカ
イギリスのケンブリッジにある大手の製薬会社で、各国に支店があり、日本国内では大阪に事業拠点があります。 現在世界100ヶ国以上で事業を展開している世界有数の大企業のひとつであり、2016年の製薬会社 売上高世界ランキングで10位にランクインしています。

医薬品情報サイト
大東製薬工業
1949年創業、1962年に「トノス」「ヒメロス」を発売して以来、少子高齢化という時代背景を踏まえ、性機能や更年期、さらには生活習慣病の予防や抗加齢(アンチエイジング)医療に対応する生活改善薬の開発に携わっています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
国立循環器病研究センター
厚生労働省所管の国立研究開発法人で高度専門医療に関する研究等であり、循環器を専門とする日本最先端の医療機関であると同時に、循環器病を専門とする医学研究機関でもある。略称としては国循(こくじゅん)が広く知られている。

厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

関連商品

キシロカイン

キシロカイン

キシロカインは、ネオンラボ社が開発したかゆみや痛みの感覚を脳伝達しないよう阻止する皮膚表面麻酔剤です。
陰茎部位に塗布することで、性的刺激の感覚を麻痺し、射精到達の時間を延長することもできます。
早漏防止の他にも、脱毛処理の痛みを緩和させるなどの用途があり、男性に限らず女性にもご使用いただける商品となっております。
ジェルタイプで使いやすく、いろいろな部位に使用することが可能な局所麻酔薬です。

>>キシロカイン
プリロックス

プリロックス

リドカイン成分配合のプリロックスは、ネオンラボ社がエムラクリームのジェネリック医薬品です。
外用の局所麻酔薬として使用されています。
有効成分リドカインの効能で、塗布した部位の感覚を鈍らせる効果があるため、男性の用途として早漏防止にも有効とされています。
また女性には、アンダーヘア剃毛時の下地クリームとして使用されています。

>>プリロックス
リドスプレー

リドスプレー

リドスプレーは、ドイツに拠点を置くウォルターリッター社が開発した噴霧タイプの早漏防止薬です。
陰茎の敏感な部分にスプレーすることで、性的刺激の感覚を麻痺させ、射精を遅らせる効果があります。
局所麻酔薬として安全性の高いリドカイン成分配合で、持ち運びに便利なコンパクトサイズ。
陰茎部位が敏感すぎて射精が早くなりがちな方に、ぜひお試しいただきたいおすすめの商品です。

>>リドスプレー
カーマスートラロングラスト

カーマスートラロングラスト

カーマスートラロングラストは、J.K.アンセル社が製造販売している局所麻酔薬が塗布された早漏防止コンドームです。
コンドームを着用するだけで、有効成分ベンゾカインが陰茎に浸透し、 患部を麻痺させ、射精を遅らせる効果をもたらします。
ベンゾカイン(アミノ安息香酸エチル)は、感覚神経を麻痺させて痛みの伝達をさまたげる成分で、その成分が陰茎に付着した場合、性的刺激を鈍らせて結果的に射精を遅らせることが可能となります。

>>カーマスートラロングラスト

最近見た商品

トップへ